menu

小林ちひろ眼科クリニック

病状

飛蚊症

網膜剥離の前兆として有名です。
しかし、特に病気でない場合が多いのですが、自覚症状で病気の時とそうでない時の差がはっきりしていませんので、症状のある方は一度眼底検査をお受けになって下さい.(瞳孔を薬で開くまでに30分ぐらいかかり、その後3~4時間で回復します)
以前に飛蚊症の検査を受け、特に問題が無いと言われた方でも、飛んでいるものが増えてきた時は、すぐに再度の検査を受けてください。
網膜に穴のあいた円孔、裂孔の状態であればレーザー光凝固で治療が可能で、網膜剥離への進行を防げます。 網膜剥離の手術は入院の必要がありますが、レーザー光凝固の治療は、外来で済みますので、ぜひ、早めの検査をお勧めします。

ページの先頭へ

お問合わせ・診療予約など TEL:03-2574-1501

小林チヒロ眼科クリニック
〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-2 銀座七宝ビル7F
TEL:03-3574-1501 FAX:03-3574-1501

診療予約はオンラインで24時間受付

Copyright (C) KOBAYASHI CHIHIRO EYE CLINIC All rights reserved.