menu

美容整形でもし失敗したらどうする?

HOME » 美容整形の覚書 » 美容整形でもし失敗したらどうする?

美容整形でもし失敗したらどうする?

・美容整形は失敗もあり得る
クリニックでは絶対に失敗しないように、100%以上の体制で臨んでいます。
しかし名医と呼ばれている人も人間なので、失敗の恐れがない訳ではありません。
ではもし万が一にも美容整形を受けて失敗したら、どうすれば良いのでしょうか。
よくある美容整形の失敗のパターンとしては、想像と違う・周りから失敗と言われる・医師の技術不足の3つです。
必ずしも全ての失敗例に当てはまる訳ではありませんが、3つのポイントをしっかり抑えれば、失敗を防ぐことができるはずです。

・想像と違う場合
まずは「想像と違う」です。
美容整形を受けたら、美人女優かモデルのようになれるという期待は、あるでしょう。
しかし顔そのものをすげ替えるほどの大手術ならばまだしも、顔の一部だけを変えただけでは、大きな変化は見られません。
大きな変化が出ていないので、「失敗した」となる訳です。
手術をしても変わらない事態を避ける方法は、1つしかありません。
術前に、やり過ぎなほど担当医と話し合うことです。
そもそもなぜ、美容整形を思い立ったのでしょうか。

・周りから失敗と言われた場合
2つ目の失敗ケースは、「周りから失敗と言われる」です。
本人は大満足で後遺症がなかったとしても、周りから「変」だと笑われては、心に傷がつきます。
周りから「変」と言われる理由は、思い込みによるものです。
そもそも「美人」の定義は、時代や場所によって変わります。
例えば二重に強い希望を持っていても、海外では「日本人は二重よりも一重のほうが魅力的」と答えている方も現実にいらっしゃいます。
どんなに説得されても納得できないでしょうが、もう少し周りの声に耳を傾けることも必要かとおもいます。

・医師の技術不足
最も避けたい失敗は、医師の技術不足による失敗です。1つ目と2つ目の失敗は「失敗」と、思えないほどの悲劇が待ち受けています。
美容整形は医師免許を持てば誰でもできるほど、甘いものではありません。
医師免許を取得した上で、何年もかけて腕を磨いて、初めて「美容整形医」と名乗れるものなのです。